ブログトップ
大杉谷登山センターのホームページはこちら
<   2012年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
大杉谷登山センターのホームページはこちら
出かけたくなるリーフレット!
桃の木山の家の関係者がリーフレットを作りました!
このリーフレットが登山センターに届いたことで、私のセンスが責められることになりました。

忘れもしない8月27日、宅急便が届くと中身が爆弾でないことを確認し、早速開けてみると
何と「いい感じのリーフレット」ではありませんか!

e0256112_12531119.jpg


桃の木さんの関係者が作ったみたいです。と上司に報告すると「我々にはないセンスがある」
「コラムも入っていて、センターが作ったMAPとは比べ物にはならん」「これ読んだら行きたくなるな~~~」

「お前には作れないな~~」との声が・・・・。確かに上手に仕上がっている。
一生懸命誤字脱字を探す惨めな自分がそこにいました。

やさしい上司もいて「慣れ、場数やぞ」と励ましの言葉もいただきました。
確かに読めば行きたくなる内容!出来上がりは最高!

資料請求は、登山センターまで問い合わせください。電話0598-78-3338
※写真は少しボヤけていますが、嫌がらせではありません。
e0256112_135240.jpg

[PR]
by oosugidani | 2012-08-30 13:06 | 案内
大杉谷登山センターのホームページはこちら
恐るべし「ちちんぷいぷい」という番組!
今日も雨です。昨日も雨でした。大杉谷だけ降っているように思えてきた。
しかし、雨でも楽しめる滝を紹介します。

その滝の名前は「六十尋滝」です。「ろくじゅうぴろたき」と読みます。人によっては「ろくじゅうびろだき」と言う方もいますが。

この滝は、お盆の確か15日だったと記憶していますが、毎日放送の有名番組「ちちんぷいぷい」で生放送されました。

以前、地元観光協会がこの番組で紹介してもらった特産品の注文で電話がパンクし、回線を増やして対応するも特産品は6ヶ月待ちという事件を思い出しました。

放送されると聞いて、冗談まじりに「道も狭いので交通整理に行かなくては」と周囲に話していましたが、放送後ほぼ毎日、関西方面の車が何十台も通り過ぎていきます。

また関西人というのは面白い方が多い!登山センターに寄って大きな声で笑わせてくれます。

大阪から3時間弱で来れるとあって多くの方にお越しいただきました。時には、5時過ぎに訪ねてくる方も少なくありません。

それにしても「ちちんぷいぷい」という番組は、高視聴率かつ行動力のある方が見ている番組であることが改めて分かりました。

六十尋滝の写真を探したのですが、秋の紅葉時期のものしか無かったので、一足先にご覧下さい!
e0256112_12563265.jpg

[PR]
by oosugidani | 2012-08-28 13:42
大杉谷登山センターのホームページはこちら
登山ポストを改良しました!
この前テレビのニュースで奥多摩の登山届の提出率が悪いということがニュースになっていました。
このニュースになっていた奥多摩は日帰り登山や渓流釣り客が利用しているようです。

30人に1~2人の割合であると報道していましたので、とても驚きでした。
日帰りの登山では、少し意識が低くなるそうで、危険度が増すと提出率も上がるそうです。

またニュースの中で警察関係者からのコメントに「谷底へ落ちた方を探すのに登山届が出ていたので、捜索時間が短縮でき命も助かった。」とも言っていました。

このニュースを見ながら「どこの山に行ったか分らない家族からの問い合わせ」の電話を受けたことを思い出しました。

このような時、登山届が出ていると捜索活動がスムーズに行えるのでしょうね。
最近大杉谷登山道で起こった事故も日帰りだったし登山届も未提出でした。

ちなみに私は、登山届を「ゲン担ぎ」として考えています。後悔するときは「あの時もう少し家を早く出ていたら」「あそこで休憩をとっておけば」などと思いませんか?

登山届を出さないで登山するときは、すごく不安でたまりません。そう思うようにしています。だから登山届を出すことで「今回の登山も無事下山しよう!」と宣言し提出するようにしています。

こんなニュースも見たので、なぜ登山届の提出が悪いのか登山者に聞いてみました。
すると「個人情報を書くことへの抵抗」と返答がありました。

最悪なことに登山センターが設置しているポストは家庭用のポストで、なんと手が入る状態であったため「赤面」し、思わず謝りました。

そこで、今回取り出せない登山ポストを設置しました。
登山センター近くのトイレ前に設置してあります。
e0256112_1437792.jpg

e0256112_14382747.jpg


これで安心して提出していただけます。登山口にもポストがありますが、日帰りや乗用車でお越しの方は、このトイレで用を済ませて、登山届を出してください。このポストはほぼ毎日確認しております。
e0256112_14423776.jpg

[PR]
by oosugidani | 2012-08-23 14:13 | 報告
大杉谷登山センターのホームページはこちら
観光船!
本日、観光船の定期検査を受けました。
この観光船は大杉谷の登山客を運び続けて半世紀。「第6みやがわ丸」と言います。

残念ながら第7みやがわ丸(ジェット船)は、度重なる台風の被害で一昨年廃船になりました。現存する船は「第6みやがわ丸」だけ。

昔、観光船を運転していた方にお話を伺うと、春と秋は大忙し、定員65人の定期船が週末にもなると何往復もしなければならない日が多かったようです。

林道コースで通り抜けできるようになり、定期船の運航も検討しましたが大赤字になるため予約制「大杉峡谷登山バス」に変更しました。
この秋まで様子をみて、定期船の復活又は予約制の登山バスにするのか大きな選択をしなければなりません。

定期船は休航していますが、予約していただければ観光遊覧船として利用できます。
秋には色々ツアーもあると思いますので、是非お越しください。

e0256112_1410718.jpg


検査を受けました!
e0256112_1410363.jpg



、平成16年9月から運休している観光船の
[PR]
by oosugidani | 2012-08-22 14:13
大杉谷登山センターのホームページはこちら
本物の延命水 続
延命水に関しての問い合わせが殺到したので、もう少し詳しく紹介します。
この延命水は、大杉谷登山道(林道コース)を登山された方は飲むことができます。

出発前には地図を確認してください。

「林道コース」を登られる方
 桃の木山の家から桃の木縦道という急登を終え大台林道を大台ケ原目指して歩いてくると、右折れ「堂倉滝(その先通行止め)」、左折れ「大台ケ原(日出ケ岳)」、林道を直進「粟谷小屋」の交差点(分岐点)があります。
 この分岐点を粟谷小屋へ向かって2分少々で延命水です。ここに登山道本道という看板がありますが、引き返して大台ケ原を目指してください。この看板どおり行くと道が分かりにくい「私道」です。
e0256112_10264461.jpg

林道コースからの写真(右折れ堂倉、直進が大台ケ原・粟谷)


「林道コース」を下る方
 大台ケ原ビジターセンターから日出ヶ岳を経由して大杉谷へ、約3時間で大台林道に着きます。
 ここが右折れ「林道コース(桃の木山の家へ)」、左折れ「粟谷小屋(延命水)」です。

「延命水」だけ飲みたいという方
 「林道コースを下る方」を参照にお越しください。登山の装備は必要。雨具・食糧は必須条件


地図等で確認してお越しください。
[PR]
by oosugidani | 2012-08-18 09:46 | 案内
大杉谷登山センターのホームページはこちら
延命水!
延命水のご紹介をする前に、延命水などという「水」をあなたは信じますか?
私は、こう解釈しているのです。確かに水には色々な成分があって、私たちの体に合う合わないという「水」は存在すると思います。

しかし、自動車で横づけで飲める延命水は、単なる水であると私は考えます。
ここまでの前置きをした上で、大杉谷の延命水を紹介します。

大杉谷の地図を広げて、粟谷小屋を探してください。この粟谷小屋は大台林道沿いに建てられた山小屋です。
この山小屋はかつて営林署(現在の森林管理署)が宿舎として建築されたものを払下げし、現在は塩崎さんという人の良さそうな夫婦が経営しています。もう一度繰り返しますが、仲が良く、人の良さそうな、可愛いお嬢さんをお持ちの夫婦が経営しています。


e0256112_9364636.jpg
これが噂の粟谷小屋です。


この小屋の近くに「延命水」があります。
この延命水に行くには、奈良県側からだと大台ケ原ビジターセンターから日出ヶ岳頂上を経由して約3時間かかります。また三重県側からだと第三発電所(登山口)から本格的な登山をしなければ行けません。

よって、この水を飲もうとすると、それなりの体力が必要で、普段から運動していない方は無理!登山経験の未熟な方は無理です。先ずは運動して体力をつけ登山経験を積んでからでないと行けない場所にある「延命水」だからこそ、本物の延命水と私は考えています。
e0256112_944317.jpg

e0256112_9445290.jpg

お気をつけてお越しください。
[PR]
by oosugidani | 2012-08-17 09:17 | 案内
大杉谷登山センターのホームページはこちら
岳人で紹介される!
先日、本屋に山岳系の雑誌を買いに行きました。いつも買う本は「山と渓谷」「岳人」「ピークス」の3誌です。
特集号が出ていると、それにも手を出してしまいます。

7月頃取材を受けていたので、岳人に大杉谷が掲載されていることは知ってはいましたが、とりあえず立読みをして、めくっていくと【大杉谷に「林道コース」の迂回路】という見出しで紹介されていました。

思わず、ニヤけて大きな声で「あっ~大杉谷に林道コースができたのか!」とまわりに聞こえるように言ってみましたが、山岳に興味のない方ばかりだったのか「ひややか」な視線を感じながら購入しました。

この記事は、三重県山岳連盟の門山理事長と超山好きの根本さんのご紹介で掲載できることになりました。
三重県山岳連盟は登山センターの会員様でもあり、大杉谷に好意を持っていただいて、いつもサポートいただいています。

雑誌に掲載していただくと嬉しいですね。テンションも上がります。
このブログを見ている方で、雑誌関係者又は知人に関係者がいるという方、是非大杉谷の広報をお願いいたします。

そして、皆さんで岳人9月号を書店でお買い求めください。
くどいようですが、「岳人9月号」をお買い求めください!
[PR]
by oosugidani | 2012-08-16 05:00 | 報告
大杉谷登山センターのホームページはこちら
天気 イマイチ!
天気悪い日が続きますね。
各地で局地的な豪雨に見舞われている地域もあり、不安定な天気が続いていますが、大杉谷は厚い雲がかかってはいるものの大雨にはなっていません。
しかし、油断できない天候です。

パトロールも天候の回復を待って出かけようとタイミングを見計らっています。
今週末か来週の始めごろを狙っています。

天気さえ回復すれば!涼しい山へ出かけるのに!!!
机でパソコンと向き合う日々を過ごしています!
[PR]
by oosugidani | 2012-08-15 08:56
大杉谷登山センターのホームページはこちら
本日解禁「大杉峡谷 林道コース」!!!
いよいよ、林道コースが運用を開始します。
第三発電所登山口⇔桃の木山の家⇔大台林道(林道コース)⇔堂倉避難小屋⇔日出ヶ岳(大台ケ原)のコースで三重県⇔奈良県への通り抜けが可能となります。

時間には余裕を持って、2泊3日での登山をお勧めいたします。2泊3日のメリットは、大台ケ原と大杉谷を楽しめるコースとなっております。是非、屋久島を彷彿させる苔むした大台ケ原と西の黒部と称される大杉谷渓谷を堪能してください。
[PR]
by oosugidani | 2012-08-11 01:13 | 案内
大杉谷登山センターのホームページはこちら
宿泊施設の紹介
大杉谷登山センターのご近所さんの大杉林間キャンプ村を紹介します。

登山口から一番近い宿泊施設とあって朝早く出発したい方がよく利用されます。

施設は林間と言うことで、夏涼しく快適な睡眠が約束します。

持ち込みテントもOK。
登山に関係なくご利用下さい!
e0256112_21424323.jpg


e0256112_21432786.jpg


管理棟です。
e0256112_21441226.jpg

[PR]
by oosugidani | 2012-08-09 13:28