ブログトップ
大杉谷登山センターのホームページはこちら
大杉谷登山道開山期間決定!
≪大杉谷登山道オープン!≫
  昨シーズン10年ぶりに全線開通した日本山岳遺産認定地の秘境・大杉谷が今年も開山決定!
  【2015年4月24日(金)~11月23日(月・祝)】 
※大台ケ原の積雪等により変更する場合があります。
※奈良交通バス(大台ケ原~大和上市駅)、エスパール交通(道の駅おおだい~大杉谷登山口)の運行はともに4月25日からの予定です。  

皆様のお越しをお待ちしております!!
お問合せ:公益社団法人大杉谷登山センターhttp://oosugidani.jp/
       0598-78-3338
===========================
≪オープニングイベント≫
三重県大台町観光協会アウトドアプログラムVerde(ヴェルデ)
  「秘境・大杉谷へはじめの一歩2015年Ver.」
    ガイド同行、桃の木山の家入浴付、2015年大杉谷の開山日の静けさを満喫

◇日程:2015年4月24日(金)~25日(土) 1泊2日
◇代金:お一人様25000円→20000円(大台町合併10周年記念Verde参加料20%OFF実施中!)
◇最少催行人数:10名(先着20名まで)
◇宿泊施設:桃の木山の家
◇ 歩行時間:1日目4時間30分、2日目8時間、体力レベル★★★★★
◇行程:24日 9:00大台町役場宮川総合支所(大台町江馬316)集合
         10:00登山センター開山セレモニー参加
         12:00大杉谷登山口
         17:00桃の木山の家着
     25日 7:00桃の木山の家出発
         12:00堂倉避難小屋
         15:00日出ヶ岳山頂
         16:00大台ケ原ビジターセンター
         20:00大台町役場宮川総合支所着
◇申込み・問合せ:大台町観光協会0598-84-1050(毎日8:30~17:15)
            メールinfo@web-odai.info
            フェイスブック 【Verdeアウトドア】https://www.facebook.com/outdoor.verde
[PR]
# by oosugidani | 2015-03-09 10:38 | 案内
大杉谷登山センターのホームページはこちら
大杉谷登山センター職員募集のご案内
公益社団法人大杉谷登山センターでは、職員を募集しています。
詳細は登山センターホームページhttp://oosugidani.jp/に掲載している募集要領をご覧ください。
ご興味をお持ちの方はぜひ一度大台町役場大杉谷出張所(0598-78-3001)へお問合せください。

この素晴らしい自然を守り、人々が安全に登山を楽しめるよう、ご活躍いただける方のご応募をお待ちしております!
e0256112_15233530.jpg

[PR]
# by oosugidani | 2015-02-06 15:23 | 案内
大杉谷登山センターのホームページはこちら
新年
新年あけましておめでとうございます。
旧年中は、ご支援いただきありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

大杉谷地域は、大晦日から雪に変わり、元日、二日と雪模様のとても静かなお正月となりました。
宮川ダムから奥を眺めましても、山肌は白くきっと大杉谷もすばらしい自然景観となっているのでしょう。

本日の大杉谷は、雪も解け時折日差しの差し込む、穏やかな日となっております。
e0256112_1435498.jpg

[PR]
# by oosugidani | 2015-01-06 14:35 | 案内
大杉谷登山センターのホームページはこちら
南紀熊野ジオツアー
大杉谷ではありませんが、吉野熊野国立公園のイベントのご紹介です。
11月22日から25日にかけて、南紀熊野ジオツアーが開催されます。

11月22日(土)紀州すさみの海と大地のコラボレーション
11月23日(日)秋に染まる口熊野上富田里山で元気をもらう一日を
11月24日(祝)白浜ならではのジオを楽しむ
11月25日(火)海の恵と熊野水軍の郷

いずれも参加費はリーズナブルな3000円。
お問合せは0739-48-8138
大塔交通社まで
e0256112_10562589.jpg

[PR]
# by oosugidani | 2014-11-09 10:56
大杉谷登山センターのホームページはこちら
事故多発!
10月26日(日)に大杉谷登山道内で滑落事案が発生しました。
今シーズンの警察・消防出動事案はこれで10件となりました。

危険個所について普段お問合せをいただきます。
お答えさせていただいているのは、

・いかにも危険という場所よりも、「なぜここで?」という場所で発生
 雨後や朝露が乾ききらない、晴れているけど滑りやすいという状況や、
 絶壁などの高度感のある地点の前後で事故が発生しています。

・鎖を掴んでいない
 登山道内は鎖が多数設置してありますので、しっかり掴んでいれば
 滑落はありません。

・到着寸前
 山小屋や下山口の付近など、もう一息という場所での事故が発生しています。
 最後まで気を抜かずに!

・到着・出発遅れ
 下山口まで3時間以上かかる場所で夕方4時過ぎに下山客を見かけます。
 事故の前日、暗くなってから山小屋に到着されている方がみえます。
 すでに事故の予兆が出ています。自分で気づける様に!不安があれば相談を!
 自信があってもヘッドライトは必ず携行してください。
[PR]
# by oosugidani | 2014-10-28 16:24