ブログトップ
大杉谷登山センターのホームページはこちら
ご理解・ご協力をお願いいたします
トップページにも掲載させていただきましたが、
今年は事故も多いのですが、
登山道内で事故にカウントしない、小さな事案
「ヒヤリ、ハット」が多発しています。

○山小屋に到着しない(できない)
 ・無断キャンセル
 ・出発遅れ、ゆっくりすぎるペース
 ・熱中症または雨中登山(低体温症)
バス(エスパール、奈良交通)を利用すると、出発が正午頃になってしまいます。

山小屋に明るい内に着けないのは山小屋のせいでもバスのせいでも、
登山地図の標準時間が短すぎるせいでもありません。
登山者(個人、グループ)の行動計画が甘いからです。
無理に通り抜けをする必要はありません。

○バスに到着しない(できない)
 ・無断キャンセル
 ・谷で知り合った人に乗せてもらう
 ・谷で知り合った人にキャンセル依頼、タクシー依頼
 ・ゆっくりすぎるペース
第三発電所12:10発-道の駅おおだい間の登山バス(エスパール交通)
は完全予約制です。

利用しない(できない)場合は必ず、山小屋に依頼して
エスパール交通に連絡ください。
一緒に下山する方にはできるだけ頼まないでください。運転手が情報の信憑性について
悩む事になります。あなたが運転手ならどうしますか?

もう一度自分に問うてください。
・正午に出発して、山小屋に着けますか?
・谷中は危険ですが、装備は大丈夫ですか?
・山中何かあっても、個人またはグループで解決できますか?
・何かあっても携帯電話は使えません。本当に解決できますか?

少しでも疑問がありましたら、大杉谷への登山の再考をお願いいたします。
・自分より詳しい知り合いと共に登山する。
・通り抜けはやめて、無理の無い場所でUターン。
・無理をせず、場所を変える。大杉谷は逃げません。
等、方法はあります。

以上、冷や水をかける内容ですが、それ位現場はトラブルが発生しています。
そんな中、
・ナビの目的地はどうやって設定するのか
・今秋の大杉谷の天気は?
・車を使って通り抜けをする方法は?
・・・等の問合せは枚挙に暇がありません。

登山者皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。
[PR]
by oosugidani | 2014-09-17 14:36